0歳児から予防をはじめて
乳歯をしっかり守りましょう

小児歯科
小児歯科

歯の将来を守る

小児歯科

乳歯は永久歯と比べて柔らかく、お子様は大人よりも虫歯になりやすい傾向にあります。生え変わるからといって虫歯の乳歯を放置していると、永久歯の歯並びに悪影響を与えてしまいます。そうならないよう、お子様の将来まで考えた治療をいたします。

乳歯の大切な役割

永久歯を適切な位置に誘導する

永久歯を適切な位置に誘導する

成長すれば永久歯に生え変わるからといって乳歯の虫歯を放置してもいいということは決してありません。乳歯の虫歯は永久歯の歯並びに悪影響を及ぼし、それにより虫歯にもなりやすくなるので、しっかりと治療する必要があります。

永久歯が生えてくるスペースの確保

永久歯が生えてくるスペースの確保

永久歯は乳歯のすぐ下でスタンバイしています。乳歯が虫歯で欠けていたり、穴が開いていると乳歯を押し出す力がうまく入らず、歯並びが悪くなる原因となるので、乳歯も虫歯を治し、永久歯の生えてくるスペースを確保しましょう。

乳歯の虫歯は
永久歯にも影響します

虫歯の乳歯を放っておくと、次に生えてくる永久歯も虫歯菌に汚染されてしまいます。乳歯の真下にある永久歯は乳歯の虫歯菌を神経を通して感染し、すでに虫歯菌を持った永久歯が生えてくることになるので、乳歯のうちから虫歯をなくし、虫歯菌の持たない永久歯が生えるように治療してください。

お子様の健康な歯を
一生の財産にするため
当院で早めの歯育て・
予防習慣
を始めましょう

予防習慣

予防習慣

お子様がこれから一生付き合っていくこととなる歯の健康を保つために、何よりも大切なのは毎日の歯磨きでお口の中をきれいにすることです。子どもの頃の習慣は大人になっても残るので、早いうちから虫歯の予防週間を身につけましょう。

北欧フィンランド式の
こども歯科

北欧フィンランド式

お子様に治療の無理強いはしません
前向きな治療のためのコミュニケーションを大切にしています

北欧フィンランド式

当院ではお子様の人格を最重要視し、無理の無い治療体制をとっています。前向きに治療を受けられる環境を取り入れ、お子様とコミュニケーションを取ることを大切にしています。歯医者嫌いをなくし、定期的に歯科での予防治療を受けることで、歯の健康を保てるように努めております。

当院のなるべく痛くない治療

当院のなるべく痛くない治療

「笑気吸入鎮静法」で歯医者が
恐いお子様も安心です。

歯科治療に怖さを抱いてしまうお子様が多いと思います。当院では「笑気」によるリラクゼーションを利用した治療をオススメしています。基本的にどなたでもご利用いただけますので、不安がある方はお気軽にお声掛けください。

なるべく痛くない治療

親子で通いやすい設備を
ご用意しています

親子で通いやすい設備をご用意しています

ベビーカーをたたまず
そのまま治療OKです

当院ではベビーカーを置くためのスペースをご用意しておりますので、ベビーカーをたたまずそのままご来院いただいて大丈夫ですので、お子様もご一緒にお気軽にご来院ください。

親子で通いやすい設備をご用意しています

キッズスペースをご用意しています

お子様が歯医者を怖がらず、親子そろって歯医者に来れるように、キッズスペースを設備しております。お子様の歯の健康と共に親御様もご自身の歯をチェックしてはいかがでしょうか。
お子様がキッズスペースで遊んでいる間に、お母さん、お父さんは気兼ねなく治療を受けることができます。

親子で通いやすい設備をご用意しています

診察室の天井にテレビを
ご用意しています

診察室の天井にテレビを設置しておりますので、お子様がテレビを見ている間に治療をいたします。テレビがあることでお子様もテレビに集中し、大人しくされているため、スムーズに治療を行うことができます。

オムツ台・ベビーチェアをレストルームに完備

オムツ台・ベビーチェアを
レストルームに完備

レストルームには、赤ちゃんのおられる方でもお気軽にご来院いただけるよう、オムツ台・ベビーチェアを完備しておりますので安心してお越しください。

歯が曲がって生えてきたら

当院は小児歯科にも力を入れています。まずはご相談ください。

当院は小児歯科にも力を入れて
います。
まずはご相談ください。

歯並びの問題は口内だけでなく、あごの発育や、お顔全体のバランスにも関与していきます、歯が曲がって生えてきたなど、歯の異常に気付いた場合はできるだけ早く治療をし、お子様の一生にかかわる歯を大切にしてあげましょう。

小児矯正について見る

「上唇⼩帯(じょうしんしょうたい)」
と⾔われたら?

「上唇⼩帯(じょうしんしょうたい)」と⾔われたら

上の唇を前に引っ張ると写真のような筋がります。これを上唇⼩帯(じょうしんしょうたい)と呼びます。その付いている位置が⻭に近い位置にある場合に、お⼦様が⻭科検診などで、「上唇⼩帯」と⾔われることがあります。
2歳くらいまでの場合は、たいてい成⻑とともに正常になっていくことが多いですが、⼤きくなって永久⻭に⽣え変わってからも、⻭と⻭の間に⼩帯が⼊り込み、⻭並びに悪影響がでている場合には、⼩帯を切除する⼿術が必要です。
⻭科検診で「上唇⼩帯」と⾔われたら、もしくはお⼦様の⻭に同様の症状がある場合、まずはお気軽にご相談ください。