0歳児から予防をはじめて
乳歯をしっかり守りましょう

小児歯科
小児歯科

歯の将来を守る

小児歯科

乳歯は永久歯と比べて柔らかく、お子様は大人よりも虫歯になりやすい傾向にあります。生え変わるからといって虫歯の乳歯を放置していると、永久歯の歯並びに悪影響を与えてしまいます。そうならないよう、お子様の将来まで考えた治療をいたします。

乳歯の大切な役割

永久歯を適切な位置に誘導する

永久歯を適切な位置に誘導する

成長すれば永久歯に生え変わるからといって乳歯の虫歯を放置してもいいということは決してありません。乳歯の虫歯は永久歯の歯並びに悪影響を及ぼし、それにより虫歯にもなりやすくなるので、しっかりと治療する必要があります。

永久歯が生えてくるスペースの確保

永久歯が生えてくるスペースの確保

永久歯は乳歯のすぐ下でスタンバイしています。乳歯が虫歯で欠けていたり、穴が開いていると乳歯を押し出す力がうまく入らず、歯並びが悪くなる原因となるので、乳歯も虫歯を治し、永久歯の生えてくるスペースを確保しましょう。

乳歯の虫歯は
永久歯にも影響します

虫歯の乳歯を放っておくと、次に生えてくる永久歯も虫歯菌に汚染されてしまいます。乳歯の真下にある永久歯は乳歯の虫歯菌を神経を通して感染し、すでに虫歯菌を持った永久歯が生えてくることになるので、乳歯のうちから虫歯をなくし、虫歯菌の持たない永久歯が生えるように治療してください。

お子様の健康な歯を
一生の財産にするため
当院で早めの歯育て・
予防習慣
を始めましょう

予防習慣

予防習慣

お子様がこれから一生付き合っていくこととなる歯の健康を保つために、何よりも大切なのは毎日の歯磨きでお口の中をきれいにすることです。子どもの頃の習慣は大人になっても残るので、早いうちから虫歯の予防週間を身につけましょう。

北欧フィンランド式の
こども歯科

北欧フィンランド式

お子様に治療の無理強いはしません
前向きな治療のためのコミュニケーションを大切にしています

北欧フィンランド式

当院ではお子様の人格を最重要視し、無理の無い治療体制をとっています。前向きに治療を受けられる環境を取り入れ、お子様とコミュニケーションを取ることを大切にしています。歯医者嫌いをなくし、定期的に歯科での予防治療を受けることで、歯の健康を保てるように努めております。

当院のなるべく痛くない治療

当院のなるべく痛くない治療

「笑気吸入鎮静法」で歯医者が
恐いお子様も安心です。

歯科治療に怖さを抱いてしまうお子様が多いと思います。当院では「笑気」によるリラクゼーションを利用した治療をオススメしています。基本的にどなたでもご利用いただけますので、不安がある方はお気軽にお声掛けください。

なるべく痛くない治療

親子で通いやすい設備を
ご用意しています

親子で通いやすい設備をご用意しています

ベビーカーをたたまず
そのまま治療OKです

当院ではベビーカーを置くためのスペースをご用意しておりますので、ベビーカーをたたまずそのままご来院いただいて大丈夫ですので、お子様もご一緒にお気軽にご来院ください。

親子で通いやすい設備をご用意しています

キッズスペースをご用意しています

お子様が歯医者を怖がらず、親子そろって歯医者に来れるように、キッズスペースを用意しております。お子様の歯の健康と共に親御様もご自身の歯をチェックしてはいかがでしょうか。
お子様がキッズスペースで遊んでいる間に、お母さん、お父さんは気兼ねなく治療を受けることができます。

親子で通いやすい設備をご用意しています

診察室の天井にテレビを
ご用意しています

診察室の天井にテレビを設置しておりますので、お子様がテレビを見ている間に治療をいたします。テレビがあることでお子様もテレビに集中し、大人しくされているため、スムーズに治療を行うことができます。

オムツ台・ベビーチェアをレストルームに完備

オムツ台・ベビーチェアを
レストルームに完備

レストルームには、赤ちゃんのおられる方でもお気軽にご来院いただけるよう、オムツ台・ベビーチェアを完備しておりますので安心してお越しください。

歯が曲がって生えてきたら

当院は小児歯科にも力を入れています。まずはご相談ください。

当院は小児歯科にも力を入れて
います。
まずはご相談ください。

歯並びの問題は口内だけでなく、あごの発育や、お顔全体のバランスにも関与していきます、歯が曲がって生えてきたなど、歯の異常に気付いた場合はできるだけ早く治療をし、お子様の一生にかかわる歯を大切にしてあげましょう。

小児矯正について見る

「上唇小帯(じょうしんしょうたい)」
と言われたら?

「上唇小帯(じょうしんしょうたい)」と言われたら

上の唇を前に引っ張ると写真のような筋がります。これを上唇小帯(じょうしんしょうたい)と呼びます。その付いている位置が歯に近い位置にある場合に、お子様が歯科検診などで、「上唇小帯」と言われることがあります。
2歳くらいまでの場合は、たいてい成長とともに正常になっていくことが多いですが、大きくなって永久歯に生え変わってからも、歯と歯の間に小帯が入り込み、歯並びに悪影響がでている場合には、小帯を切除する手術が必要です。
歯科検診で「上唇小帯」と言われたら、もしくはお子様の歯に同様の症状がある場合、まずはお気軽にご相談ください。

治療例
担当医師から

7歳の子で前歯を磨くと痛がるというのと歯間離開があるために、保険の診療内で治療をしています。手術により小帯をとるわけですが、麻酔をするので術中は痛くないのとその日は痛がることがあるのですが、翌日は痛くないことが多いです。小帯切除のデメリットとしてはやはり外科処置ということです。
メリットは小帯がなくなることにより歯のキワまでしっかり磨くことができ、虫歯や歯周病のリスクを減らし、歯間離開が自然に治りやすくなります。

よくあるご質問

  • 医療器具が本当に消毒されているのか心配です。

    ご心配されるのももっともだと思います。
    当院では治療器具の滅菌パック化を行っております。専任スタッフが医療用の高圧ジェットウォッシャーにより血液やタンパク汚れ、歯の削りカスなどを完全にとってしまいます。その後、患者様一人分に分けて滅菌パックに封入し、細菌・ウィルスを完全に死滅させる130℃の高温高圧により滅菌するオートクレーブ(自動高圧蒸気滅菌器)にかけて行います。当院のオートクレーブは日本が定める基準より厳しいEUの基準をクリアした「クラスB」のオートクレーブ「Lisa」を使用しています。歯科クリニックでここまでの基準で滅菌をしているのは全国的にも少ないと思われます。また滅菌後は患者さまの目の前ではじめて封が開けられますのでとても安心です。また、消毒が難しい器具は全て「使い捨て」になっています。

  • 歯並びの治療はいつから始めたら良いですか?

    受け口の場合は3歳ぐらいから治療することがありますが、そのほかの歯並びや噛み合わせなどは6歳を過ぎ6歳臼歯が萌え始めた頃に治療を開始することが多いです。
    ただ、歯並びや噛み合わせは人それぞれですので、気になったらご相談ください。

  • 集団健診を受けていれば、歯医者にいかなくても大丈夫ですか?

    集団健診で虫歯がないからと安心せず、クリーニングや歯磨きチェク、フッ素塗布などかかりつけの歯科医院で健診を受けることが大事です。

  • 仕上げ磨きはいつまで必要でしょうか?

    小学校低学年までは、仕上げ磨きをしてあげるのが理想的です。幼稚園くらいまでは仕上げ磨きをしていても小学校に入ると、仕上げ磨きをしないお子様が増えてきます。親御さんの手が離れてくることに加えて生えてきたばかりの永久歯は虫歯になりやすく、虫歯になってしまうお子様が増えてきます。小学校低学年くらいまでは、注意してみてあげるようにしましょう。

  • 口呼吸は、身体に悪い影響を与えますか?

    最近はむし歯のお子さんが減少し、口腔習癖に問題があるお子さんが増加しており、舌や口唇、頬による不正な力によって歯の崩出するスペースが無くなり、顎骨の発育に制約を受けているお子さんをよく診ます。
    口腔領域が狭くなると、舌は喉の方へ移動し、気道が狭くなります。その結果、鼻呼吸がおこなえず口呼吸を行うようになります。 口呼吸は、気道の呼吸抵抗もあり、呼吸が浅く、肺尖まで空気が届きづらいので慢性の酸素不足を招きます。
    小児の場合は、酸素の摂取量の80%は、脳で消費される為、暗記ができない、物事に集中できないなど脳への影響も考えられます。また、口呼吸を長期にわたって行うと歯並びが悪くなり、いつも元気が無い、病気になりやすい、アトピーやアレルギーなど全身にも悪い影響がでているようです。

  • スポーツドリンクは歯によくないと聞きましたが本当ですか?

    本当です。糖がたくさん含まれており、むし歯の原因になります。スポーツや塾通いの時などに持ち歩くことで、だらだら飲みの習慣がついてしまうきっかけにもなります。常に飲むのは避け、飲んだ後は水でうがいをしましょう。しかし、病気で食欲が無いときや、脱水症状には即効性がありますから、上手に利用しましょう。

  • 子供の歯に銀歯を入れて欲しくないのですが?

    当院では可能な限りお子様の歯は保険のきく白い詰め物をいれるようにしています。

  • 歯の健康診断で初期虫歯と言われたのですが、削って治療しないとだめですか?

    初期の虫歯の場合はフッ素をつけて様子をみることが多いです。定期的にみていく中でやはり大きくなるものに関しては最小限の削合で虫歯をとり治療をおこないます。

  • 子供の歯ぎしりは大丈夫ですか?

    歯ぎしりには3つのタイプがあります。ギリギリと音をたてて歯をこすりつけるタイプがよく知られていますが、カチカチと音を出して上下の歯をあてるタイプ、そして上下の歯を強くかみしめる(食いしばり)音がしないタイプと様々です。
    歯ぎしりの原因やメカニズムは、いまだわからないところが多く、根本的な治療方法がないのが現状です。
    子どもの歯ぎしりは、睡眠時の生理的な現象として考えられていますが、とくに歯やあごが痛いなどの症状がない限りは様子みて心配ありません。また、一過性のことが多く、成長とともに自然に改善するケースがほとんどです。ただし、頻繁に痛みを訴える場合には、対処療法として、かみ合わせの調整や歯ぎしり防止装置(マウスピース)を装着すると症状が軽減します。
    また、柑橘系の果物やお酢などの酸っぱい食べ物をよく食べる習慣がある場合には、歯ぎしりすることで乳歯のすり減りが著明にみられることがあるため注意が必要です。

  • 乳歯は最悪、生え変わるので虫歯で放置しておいても問題ないですか?

    『乳歯はどうせ抜けてしまうから、むし歯になっても問題ない』と思っている親御さんがたまにおられます。乳歯20本はすべて生えかわりますが、その間に乳歯がはたす役割はとても大切です。乳歯には、①噛む(よく噛むことでからだやあごの発育を促します)②話す(正しい発音を助ける)③永久歯を正しく導く(乳歯のすぐ下には永久歯が育っています)など重要な働きをしています。
    特に乳歯がむし歯で穴があいている状態で放置していると両隣の歯が倒れてきて、下から萌出してくる永久歯のスペースがなくなり、かなり変なところから永久歯が萌出してくる等、歯並びやかみ合わせ、そして発音などに影響を与えます。乳歯は永久歯に比べて、むし歯の進行が速いため、歯みがきや規則正しい食生活を心がけ、そして歯科医院で行うフッ素塗布やシーラントなどのむし歯予防を上手に取り入れていきましょう。健康な乳歯でよく噛んでおいしく食べることが、からだ全体の健康にもつながります。

  • 歯が痛がる子供にロキソニンを服用さしてもいいですか?

    12歳以下では少なくともロキソニンの服用は小児喘息の原因になる可能性があるので控えたほうがいいです。どうしても歯が痛くて服用させる場合、「カロナール」や「小児用バファリン」などのアセトアミノフェンを服用してもらっています。ただアセトアミノフェンも少ないですが体質に合わない場合もあるので注意する必要もあります。

  • フッ素でむし歯予防になるんですか?

    フッ素には、①歯質を強くする、②歯の再石灰化を促進する、③むし歯の原因になる酸の産生を抑制することで、むし歯予防に効果があることがわかっています。とくに生えて間もない歯はたくさんのフッ素を取り込みやすいため、歯科医院でのフッ素塗布は前歯が生えそろう(1歳)ごろから行い、その後も3~4ヶ月に一度健診ごとに塗布してもらうと効果的です。
    また、ご家庭での歯みがきは、フッ素配合の歯磨き剤をごく少量つけてみがき、歯みがき後のうがいはかるくゆすぐ程度にします。フッ素の成分が口の中に残っているほどむし歯予防に効果があるからです。うがいができない子どもには、ゆすがなくても大丈夫なスプレータイプもあり仕上げみがきの時に使うとよいでしょう。
    なお、フッ素のからだへの影響を心配する保護者の方もおられますが、お薬と同様にフッ素も摂取しすぎると有害になります。ただし、歯科医の指導のもとで行えば、健康への影響は心配いりません。フッ素を上手に取り入れて、むし歯予防に役立ててほしいと思います。

  • 仕上げみがきのコツはありますか?

    仕上げみがきは、子どもを仰向けに寝かせて、歯ブラシを軽い力で細かく動かしてみがきます。みがく順番を決めておくと、みがき残しがなくなり手際よくみがけます。
    とくにむし歯になりやすい①歯と歯の間②奥歯のみぞ③歯と歯ぐきの境目のところは、注意してみがきましょう。うえの前歯は、上唇小帯(上唇についているヒダ)が発達しているため特に敏感なところです。上唇小帯を人差し指で軽く押さえて、よけてみがくのがコツです。前歯の裏側は、歯ブラシをたてにして、かき出すようにみがきます。奥歯は、人差し指で頬を広げるとよく見えます。
    歯ブラシは、すみずみまで届くようにヘッドが小さいものを選び、本人が使う歯ブラシはかみかみして、すぐに毛先が開いてしまうため、仕上げみがき用に別にもう一本用意しておくとよいでしょう。
    おやすみ前にできるだけ楽しい雰囲気で、上手にできたらたくさんほめてあげましょう!子どもがひとりで上手に歯みがきできるようになるまでは、保護者の方の仕上げみがきが必要です。

  • 歯みがきはいつから始めるのですか?

    歯みがきの準備は、乳歯の生えるまえから始まっています。この時期の赤ちゃんは、顔や口のまわりが最も敏感なところですが、きれいな指で口のまわりや歯ぐきをさわってあげて、少しずつさわられるのに慣れさせていくと良いでしょう。
    乳歯が生えてきたら、離乳食後にガーゼでみがくことから始め、慣れてきたら歯ブラシを使って歯ブラシの感触に慣れさせていくことが大切です。このとき、保護者のひざの上に仰向けに寝かせてみがく「寝かせみがき」をすすめています。頭が固定されて、お口の中が見やすくなります。寝るのを嫌がるようであれば、授乳するときのような抱っこの体勢でみがくと良いでしょう。歯ブラシは鉛筆を持つように軽く持ち、やさしく前後にみがくようにします。
    1歳のお誕生日をむかえる頃までには、1日1回できればおやすみ前の歯みがきを習慣化してほしいと思います。

  • 歯はいつ頃生えますか?

    赤ちゃんの歯は、生後6~8ヵ月頃に下の前歯から生え始めます。赤ちゃんの歯ぐきから顔を出した白い歯は、かわいくて保護者の方にとっても赤ちゃんの成長を実感できる瞬間です。でも、乳歯の生える時期や順番には、かなり個人差があります。歯の生え方が遅いと心配される方も多いですが、1歳のお誕生日までに前歯が数本生えていれば問題ありません。
     乳歯は2歳6ヵ月から3歳頃までに上下あわせて20本生えます。しかし、歯の数が足りないこと(先天性欠如)や2本の歯がくっついて1本の歯(癒合歯(ゆごうし))が生えてくることがあります。癒合歯は、歯の重なっている溝のところがむし歯になりやすいため注意が必要です。さらに後続の永久歯がどちらかないことが多く、歯並びやかみ合わせにも影響するため、時期をみてレントゲン写真をとってもらうと良いでしょう。

  • 指しゃぶりとおしゃぶりの影響はいつまでに止めさした方がいいですか?

    3歳頃までの指しゃぶりは、乳幼児の生理的な行為として、無理にやめさせる必要はありません。子どもの生活リズムを整え、外遊びや手を使う遊びを増やして、関心を他のことに向けさせることで指しゃぶりはだんだん減っていきます。ただし、長期間にわたる指しゃぶりは、かみ合わせや発音に影響が出てくるため、やめた方がよい理由を本人にわかりやすく教えてあげてください。指しゃぶりをしなかった時はたくさんほめてあげて、ご家族皆さんで温かく見守ってあげましょう。寝しなの指しゃぶりがとれない場合は、絵本を読んであげたり、添い寝をしながら子どもの手を握ったりして安心させてあげましょう。
    指が口にはいることに抵抗を感じるお母様は、おしゃぶりを上手に活用するのも良いでしょう。おしゃぶりを無理に与える必要はありませんが、指しゃぶりよりもやめやすい傾向にあります。ただし、発語やことばを覚える1歳過ぎたらおしゃぶりのフォルダーをはずして常時吸えないようにします。2歳頃までに使用を中止すれば、かみ合わせの異常も改善されますので心配いりません。
    なお、頻繁な指しゃぶりが続く場合は、心理的な問題もあるため、専門医にご相談下さい。

  • 2歳の子供にすでに虫歯があるのですが、いつ頃から治療できますか?

    乳幼児の歯科治療は3歳前後からと云うのが一つの目安です。これはある程度の理解力がある、また、ある程度の忍耐力が備わっていると考えられるからです。
    ただ、小さい虫歯であれば、お子様の発育度によっては2歳でも治療ができる子もいます。一度連れてきてください。

  • 2歳半の娘が虫歯の進行止めで歯が黒くなってしまったんだけどほかの方法はないの?

    虫歯の進行止めに使用したのは、フッ化ジアミン銀(サホライド)を使用したものと考えれます。虫歯の進行抑制には効果があるのですが、銀イオンが黒く着色するのが難点です。
    当院では、歯を削るなどの治療が難しいお子様の場合は、フッ素入りのコーティング剤を使用しています。白色なので見た目にも良いです