根管治療で抜歯をせず
歯を残せる
可能性があります

重度の虫歯の患者様へ

重度の虫歯では、
もう歯を抜く
しかないの…?

  • 虫歯が歯髄(神経)まで進行して
    しまった
  • 他院で歯を残せないと言われた
  • できれば歯を抜きたくない
  • 以前根管治療したが再発した

当院の精密根管治療なら
歯を残し、確実に
虫歯を治療できます。

重度の虫歯の患者様へ

重度の虫歯の患者様へ
重度の虫歯の患者様へ

歯の根を残す

根管治療

神経にまで達するような重度の虫歯になってしまうと、歯を抜くしかないと思われている患者様もいらっしゃるのではないでしょうか。当院では他院で抜歯するしかないと言われた虫歯でも、根管治療により、歯の根を残し治療することが可能です。また、他院で根管治療をしたが、再発してしまったという場合も、お任せください。

歯を残しておくことの重要性

歯を残しておくことの重要性

1本でも歯を失うとお口全体の
健康のバランスがくずれてしまいます。

虫歯菌が歯の神経や根元まで感染した場合の治療法は、抜歯が一般的です。しかし、抜歯は簡単ですが、歯を抜くと残った歯が支えを失って倒れこんできたり、噛み合わせがおかしくなったり、見た目が悪くなってしまいます。なにより、抜いてしまった歯は二度と復活することはありませんので、根管治療により、歯の根っこだけでも残しておくことが大切です。

治療方法

治療方法

抜髄(ばつずい)

治療方法

虫歯が大きい時・歯冠の破折時などは,歯髄(歯の神経)を取り,歯の中(根管)を消毒しなくてはなりません。神経が生きている状態で虫歯が大きいためこれから初めての神経を取る治療です。

感染根管治療

感染根管治療

感染根管治療

虫歯により歯髄が感染した時・根尖病巣ができてしまった時などは,歯の中(根管)を消毒しなくてはなりません。歯の中の汚染物質(感染した歯髄や象牙質)を取り除いてきれいにする治療です。

再根管治療

過去に根管治療を受けた歯の違和感が消えず、痛みや腫れが再発して治療した歯の歯肉から膿が出ることがあります。この時に、以前詰めた充填剤を除去して、根管内の清掃、消毒を行い、再び根管充填するのが再根管治療です。

通常の保険適応治療との比較

精密根管治療
治療方法 治療方法
概要 CTスキャンやマイクロスコープなどの精密な検査・治療器具を用いて、治療を行えます。
保険適応以外の薬剤の使用なども選択できるため、最新の治療法で歯にとって最善の治療を行うことができます。
検査・診断 3次元CTスキャンを使用し、精密に検査を行います。
治療時間 1回の治療時間は60分~90分程度で、時間をかけて丁寧に治療を行うことができます。
精密治療 高性能なマイクロスコープを使用をし、精密に治療を行います。
無菌的治療 細菌感染を防ぐ治療法を選択できます。
使用薬剤 保険適応外の最新の治療薬剤を使用することができるので、最善の治療方法を選択できます。
保険適応の根管治療
治療方法 治療方法
概要 保険診療のルール内でしか治療を行うことができないため、治療の精度や再発リスクの防止の面で最適とは言えません。
検査・診断 従来の2次元レントゲンを使用します。
治療時間 1回の治療は30分程度です。
精密治療 肉眼、もしくは拡大ルーペを使用します。
無菌的治療 通常の治療と同程度の滅菌対策になります。
使用薬剤 保険で認められたものしか使用することができません。
精密根管治療 保険適応の根管治療
治療方法 治療方法 治療方法
概要 CTスキャンやマイクロスコープなどの精密な検査・治療器具を用いて、治療を行えます。
保険適応以外の薬剤の使用なども選択できるため、最新の治療法で歯にとって最善の治療を行うことができます。
保険診療のルール内でしか治療を行うことができないため、治療の精度や再発リスクの防止の面で最適とは言えません。
検査・診断 3次元CTスキャンを使用し、精密に検査を行います。 従来の2次元レントゲンを使用します。
治療時間 1回の治療時間は60分~90分程度で、時間をかけて丁寧に治療を行うことができます。 1回の治療は30分程度です。
精密治療 高性能なマイクロスコープを使用をし、精密に治療を行います。 肉眼、もしくは拡大ルーペを使用します。
無菌的治療 細菌感染を防ぐ治療法を選択できます。 通常の治療と同程度の滅菌対策になります。
使用薬剤 保険適応外の最新の治療薬剤を使用することができるので、最善の治療方法を選択できます。 保険で認められたものしか使用することができません。

ー 精密な検査・診断 ー

CT検査による立体把握により、
根の形・根管の状態を正確に検査します

根管治療は、肉眼では確認できない複雑な根の中の治療になりますので、検査で歯の根の状態を正確に把握することが大切です。当院では3次元の撮影を可能にする「CT撮影」を利用します。

歯科用CTが
根管治療に必要なワケ

根管内は構造が非常に複雑なため
従来の2次元レントゲンでは
不十分です

前述したように、人によって歯の根っこの構造は異なります。
根っこの構造を把握するために多くの歯科医院がレントゲン撮影を試みるのですが、レントゲンでは平面としてしか捉えることができないため、正確な根の構造を知ることは極めて困難だと言えます。
当院が導入している歯科用CTでは、歯の内部を立体的に撮影可能であり、根の構造を正確に把握することができるため、根管治療の成功に大きく貢献しています。

- 精密な治療 -

肉眼でみることができない
根の中を
マイクロスコープで
見ながら
精密に治療

行います

根管治療では、いかに根管内から虫歯菌に冒された歯髄組織や歯質を取り除けるか、細菌を残さないかによって再発のリスクが変わります。当院ではマイクロスコープを導入し、肉眼では確認できない根の中をしっかり観察しながら確実に治療を行うことができます。

マイクロスコープが
根管治療に必要なワケ

従来の肉眼による手探りの治療
では、取り残しによる再発が
生じます

根管の中は肉眼で見ることができず、一般的にはレントゲンを参考にしながら”経験”と”勘”を頼りに手探りで治療を進めていきます。そうすると見落としが発生し感染源が残こってしまい、再治療になる場合が往々にしてあります。

マイクロスコープ

マイクロスコープ

顕微鏡(マイクロスコープ)を使った治療の大きな特徴は、肉眼では見えないものを3倍から30倍程度にまで拡大観察できるということです。
「肉眼」と「マイクロスコープ」でお札を見るとこんなに違って見えます。どちらの方が精度の高い治療ができるかは一目瞭然です。当院でマイクロスコープを導入することにより、「抜歯」という最悪のシナリオを避けられる可能性が飛躍的に高まりました。

- 再発防止体制 -

根本的な原因となる「虫歯菌」の
細菌感染による再発リスク
を徹底して防止します

無菌状態での治療を実現する
「ラバーダム防湿」

根管治療は細菌感染による再発のリスクが高い治療です。当院では治療時の無菌状態にこだわり、再発リスクを限りなく0に近づけます。口腔内の唾液や細菌による治療部位への感染を防ぐために当院ではラバーダムという道具を利用します。ラバーダムを使用することで、様々な口腔内細菌が根管に侵入するのを防ぎ、無菌的な処置を行うことが可能になります。

殺菌作用のある「MTAセメント」による管内充填

歯が折れていたり、割れていたりする場合には、その隙間を緊密に塞ぎ、再発リスクを防止します。一般的には「ガッタパーチャ」と呼ばれる、ゴムのようなもので隙間を塞ぐのですが、それに対して、「MTAセメント」と呼ばれるものは前述した隙間を塞ぐことができ、かつ、殺菌作用及び強い接着性、歯の組織を再生させる効果があるため、治療後の経過が非常に良好になります。

- 通常の根管治療が困難な場合 -

もう⼀歩踏み込んだ
外科的⻭内療法
⻭根端切除術・意図的再植

外科的⻭内療法とは

⻭の根の構造が複雑で細いために奥まで覗けない場合、やすでに⾃費治療などでセラミックをかぶせているために外したくない場合や、何度根管治療を⾏ってもどうしても治らない場合など、⻭内療法(根管治療)で限界がある際は、⻭根端切除術(しこんたんせつじょじゅつ)や意図的再植(いとてきさいしょく)といった外科的⻭内療法を⾏うことがあります。北梅⽥ロワイヤルおとなこども⻭科では、⾼度な治療設備・技術を導⼊し、外科的⻭内療法である⻭根端切除術や意図的再植にも対応しています。

⻭の根を直接切断する
「⻭根端切除術」

通常の根管治療で除菌をすることができなかった感染部分、つまり根の最先端の部分を外科的なアプローチで取り除いていきます。⿇酔後に⻭⾁を切開し、病気のある根の先端(約3㎜)を取り除きます。取り除いたあとにマイクロスコープで、処置を⾏った根の先にひびが⼊っていないか、取り残しになってしまっている部分がないか等を確認します。その後、切断端側から材料を詰めて、切開した部分を縫い合わせます。縫い合わせた⽷は、術後3⽇程度で取ることができます。1週間ほどは腫れや痛みを伴うこともありますが、徐々に治っていきます。
⻭根端切除術はマイクロスコープを使⽤し、約5倍〜30倍に視野を拡⼤して⾏いますので、専⽤の器具や⻭科医師の技術が⾮常に重要になります。当院ではこうした⾼度な医療技術が必要となる治療にも対応できるように、専⽤のオペ室やマイクロスコープを完備しており、患者様に最善の治療をご提供することが可能です。

抜⻭した⻭の根を切除し
再移植する 「意図的再植」

治療が必要な⻭の位置によっては⻭根端切除術を⾏うことが困難な場合もあります。その場合に多く⽤いられるのが、意図的再植術という外科的な治療⽅法です。この⽅法では、⿇酔後に⻭を抜き、⼝の外でその抜いた⻭を観察しながら、病気のある根の先端を切除します。そして、⻭根端切除術の場合と同様に、処置を⾏った根の先にひびが⼊っていないか、取り残しになってしまっている部分がないか等を確認します。問題がなければ、切断端側から材料を詰め、病気の部分を切除した⻭を元の部分に戻します。⼿術後は経過観察を⾏います。

歯科用CTが
外科的処置が重要なワケ

根管治療はとても難易度の⾼い治療のため、現在の保険診療の範囲内での成功率は50%と⾔われております。専⾨医が⾏った場合においても、その再治療の成功率は70%~80%と⾔われています。
やはり、上記で説明したように、⻭の根の構造上の理由で、通常の保険治療の範囲だけではどうしても対応できないケースが存在しています。そのような場合には、外科的処置を施すことにより、治癒しなかったうちの約90%以上は治癒するという報告もあります。困難なケースの場合でも、治療する⻭科医院が外科的処置に対応しているかどうかで、あなたの⻭を完治させられるかどうかが変わってしまうのです。